テーマ:

降りしきる雨が屋根を叩いている。 こんな日は、どうしても思い出してしまう。 「貴方のその優しさが、私を傷付けるの」 優しさが時には凶器になり得ると、君は教えてくれたよね。 「くそったれ!」 君が去った後、僕は一人吠えた。 そして僕は気付いた。 僕が君を愛せていなかった事に。 僕は必死に彼女を愛そうとした。 しかし、それは愛せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持ち物

もうすぐ、日付が変わる。 雨音が雑音を退ける中、私は彼の前ではにかんでみせる。 そんな私を見て彼は優しくキスをしてくれた。 私はお返しに彼を求める。 そして彼は応えてくれた。 私は彼の前で恥じらいを見せる。 彼はとても楽しそうだ。 私はそれがとても可笑しかった。 だって彼は知らなかった。 雨音が私のあざとさを紛らわしていたなんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

借り物

夜も更けて、静かになって、世界が雨音に支配される時、辺りは優しさに包まれる。 俺はその優しさを少しだけ借りて、彼女に優しくキスをする。 彼女は俺を求めてくる。 俺は彼女に応える。 彼女は珍しく照れていた。 俺がいつもとは違って、優しかったからだろう。 俺はそれがとても可笑しかった。 だって彼女は知らなかった。 俺が雨音の優しさを借…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more