アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「風」のブログ記事

みんなの「風」ブログ


奴隷養殖場

2017/03/10 12:35
2200年。

日本は奴隷の養殖場と化していた。

領土も本州を残すのみ。

100年程前に日米関係が悪化して米軍が日本から撤退を始めた。

グローバル化が進み、地理的に遠い場所から影響力を持続する事のメリットも少なくなっていた米国にとって、関係が悪化した日本をわざわざ守る必要も無い。

そして米軍が日本からの撤退を終えると間もなく、待ち構えていたかの様に中国が沖縄への侵略を始める。

日米同盟が崩壊した日本には中国の横暴を止める術は無かった。

米国は米国で遠くの土地よりも近くの土地。

メキシコへの侵略を始めていた。

すでに他国への侵略行為が否定されていた時代では無い。

世界の風向きが変わっていた。

地球の温暖化に伴い、海面上昇を招き、人間の生活可能域がどんどんと減っていく。

それを補う為に他国を侵略する事が当たり前になっていたのである。

そんな中、東アジアでは着々と軍事力を増強してきた中国のやりたい放題だった。

更にそんな中国を見て、ロシアも北海道への侵略を始める。

中国の沖縄侵略に戦力を疲弊させられていた日本はロシアの侵略に抵抗する事すら出来なくなっていた。

そして沖縄の占領を終えた中国は九州、四国へも侵略を続けていく。

その結末として、日本に残された国土は本州だけ。

それも日本人を閉じ込めておく為の土地でしかなかった。

そして他国は日本人を奴隷として必要なだけ連れていく。

すでに日本は国家として何の力も無かった。

奴隷の養殖場として存続を許されている状態でしかない。

日本人は奴隷にされる事に怯えながら、絶望の中で生きる事を強いられてしまう。

200年前の日本人には想定する事すら出来なかった事なのかもしれない。

まさか、暴力が評価される時代が再びやって来るなんて。

しかし今更、そんな事を言ったところで後の祭り。

地球に数多ある生命と同じ様に時代も生きている。

今ある姿が永遠に続く訳ではない。

暴力が評価される時代から暴力が否定される時代になり、再び暴力が評価される時代になった。

それならば、再び暴力が否定される時代が来る事もあるだろう。

今はただただ、その様な時代が再び訪れる事を願って、命を繋いでいく外はない。

再び日本が世界に羽ばたける日が来る事を信じて。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最強の男

2016/03/22 21:00
俺は、この世界で誰よりも強くありたい。
誰にも負ける訳にはいかない。

自らの強さを証明する為だけに生きている。
そう言っても、過言ではない。

向かい風の中にこそ、自分の居場所を感じた。

だから父も斬った。
兄達も斬った。
そして立ち向かって来る者、気に入らない者、全て斬った。
裏切り者も斬った。
当然に敵も斬った。

これからも敵は斬り続ける。
また今後は仲間であった者も斬る事になるであろう。

少しでも、歯応えがありそうな奴は、片っ端から斬らなければ気が済まない。

これまでは、俺に傷を負わせる事が出来た奴すらいない。

俺の身体に刻まれた傷は全て、自ら付けたものである。
幼少の頃、父親に付けられた顔の傷以外は。

そして今、俺が身を置いている組織には、楽しみな奴が何人かいる。

そいつらは俺にとって、最後に食べる大好物の様なもの。
俺は一番好きなものを最後に食べなければ気が済まない。

しかし、そのお楽しみは、もう少し待たなければならないだろう。
その前にも、幾らか楽しみな奴もいるし、先ずは、そちらを片付けなければならない。

順序を間違えると、面倒な事になるからだ。
今は、この立場を利用して、少しでも、気になる奴等を斬りまくる。 

そして、いずれ、俺がいる、この組織も用済みになる時が来るであろう。
その時こそ、お楽しみを堪能する時である。

今から、その時の訪れが楽しみでならない。

それにしても、もう少し歯応えのある奴はいないものか。
ちっとも面白くない。

俺は、この世界で誰よりも強くありたい。
しかし、それは同時に、自分よりも強き者と出会ってみたいという事でもある。

自分自身の強さに満足する時がくるのか。
それとも、より強き者との出会いが待ち構えているのか。

俺は何の為に、この世に生を受けたのか。
これまで、その甲斐を感じた事は無い。

自分よりも強き者と出会い、それを乗り越える事が、より強さを得る事であり、そこに自分の価値がある様に思う。

だから、俺は、この世界で誰よりも強くありたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初心

2015/10/10 13:37
蜩の声が響く中、僕は向かっている。
今、僕の頭の中で当時の事が蘇ってきます。
当時の僕も今と同じ様に向かっていました。
蜩の奏でる物悲しさも当時のままです。

違っているのは、時代、僕の年齢、そして僕の目から見える景色。
客観的に見れば、さほど変わってはいない景色。

その景色が僕の目には当時と今で、全然、違って見えるのです。
少し不思議には思いますが、今の僕は当時とは違って、その不思議を楽しむ事すら出来るようになりました。

そうなんです。
当時と今で、何よりも変わったのは僕の心なんです。

そして、もう、すぐそこ、という所まで来ました。

当時の僕は過去を振り返っている余裕もありませんでした。
未来に絶望して、過去から逃げる様に向かったのです。

とうとう見えてきました。
あそこです。
あそこで僕は終わるはずだったのです。
そして、たった今、到着しました。

僕が当時も今も向かっていたのは此処なのです。
此処で僕は終わるはずでした。
しかし終わる事は出来ませんでした。
そして今の僕が始まったのです。

『最後の風が吹くところ』

此処で僕の心は世界を裏切りました。
最後の風が僕に囁いたのです。

「こんな世界なんて裏切ってしまえ」と。

最後の風に唆された僕は言われるがままに世界を裏切ってしまいました。
でも、それで良かったと思っています。

世界を裏切る事で〔覚悟〕が出来ました。
その〔覚悟〕が今の僕を形作ってもいるのです。
世界に裏切られたと感じていた僕が世界を裏切る事で〔覚悟〕と出会う。
なんとも不思議で可笑しな縁ですね。

そして僕は今、こうして再び〔覚悟〕と相見えて、〔初心〕を思い返す為に此処へとやって来たのです。

『最後の風が吹くところ』

以前の僕が終わるはずだった所。

今の僕が始まった所。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「風」ブログ

ホームページ

Tails exit the Base
風と星の水遊び 風のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる